2011年03月19日

大阪のカフェで東日本大震災について語りあうの巻

今日19日、予定通り中国人、韓国人、日本人が交流する集まりHAMICが行なわれ、東日本大地震、日本人をテーマに語り合いました。

R0028481.JPG

いつものメンバーにキャリアコンシェルジュの石川雅嗣さんも参加し、国と世代をまたいだ新鮮な経験をしました。

なぜ日本ではこの非常時に暴動の起きないのか。

非常時のインターネットの貢献と怖さ。

1995年の阪神淡路大震災の時との違い。

など、異なる世代や立場からの意見はいつもながらとても刺激を受けます。

いろんな事を感じましたが、やっぱりインターネットは若い世代の方がうまく使っているなあ、が今日イチの感想です。

石川さんから教えてもらった”Pray for japan”というサイトは停電中に大学生が作ったモノだとか。

人を動かす力を感じます。

今回、初参加の石川さんは普段も ULTRA 2nd を利用してくれるんですが、幅広い見識をお持ちで、見た目同様、とてもふくよかな方でしたm(_ _)m

HAMIC。これからも、いろんな人に参加してもらいたいです。

もうひとつ、若い人がすごいスピードで作った「京都の家」という大震災関連サイトに出会いました。

京都のシェアハウス管理人、キタクンに教えてもらった被災者用仮住まいのあっせんサイトです。

もうすでに実際の被災者を迎えているようです。

実にしなやかな感性を持った活動だと思いませんか?

盛りだくさんの土曜日でしたが、いろんな人に出会えることが、大通りでカフェをやってる最大の楽しさです手(チョキ)

R0028479.JPGR0028478.JPGR0028477.JPGR0028472.JPGR0028475.JPG

posted by ultra2nd at 22:41| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラでの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。